ジェットスターの荷物にかかる料金とは

クラスごとに異なる個数と重量~機内持込手荷物~

ジェットスターでは利用するクラスによって機内持ち込み手荷物の重量・個数に制限があります。

それぞれ厳密な制限があるのでしっかりと確認をしておきましょう。

まず、エコノミークラスです。

国際線・国内線ともに、キャリーケースなどの手荷物1個とバックなどの手回り品1個の7kg

までが基本運賃に含まれています。

さらにオプションの運賃を申し込むことで持ち込める手荷物の量を増やすことができます。

次に国際線ビジネ スクラスです。

キャリーケースなどの手荷物品2個(1個は7kg以下)と手回り品1個の14kgまでを機内に持ち込むことができます。

機内持ち込み品のサイズは、キャリーケースなどは56×36×23(cm)、スーツカバーなどは114×60×11(cm)となっています。

クラスによって異なる個数と重量~受託手荷物品~

国際線・国内線ともにエコノミークラスの基本運賃には、搭乗者1人あたり15kgから5kg単位で40kgまでの荷物の代金が含まれています。

国際線ビジネスクラスでは30kgまでの受託手荷物の料金が運賃に含まれています。

受託手荷物とはチェックカウンターで預ける荷物のことで、機内持込手荷物の規定を超える荷物のことです。

受託手荷物は重量の制限さえクリアしていれば個数は制限がありません。

また受託手荷物として、壊れやすいものや、コンピューター、現金・パスポートなどの貴重品は預けることができません。

また可燃性の液体やガスなどのフライトの安全に大きく関わると思われるものも、危険物とみなされ預けることはできません。